発達障害 芸能人

発達障害の芸能人とは?

発達障害なのではないかという疑いをかけられている芸能人はたくさんいます。
しかし、憶測で発達障害なのではと名前を挙げるのは失礼なことなので、自ら発達障害を認めている人を紹介したいと思います。

 

まずは、アメリカの人気俳優トム・クルーズです。
彼は幼いころから学習障害・LDを持ち、書かれた文字を読むのが苦手なのです。
ですから、台本を読むのは難しく、人に読んでもらって覚えていたそうです。
学習障害児への支援活動に取り組んでいることでも有名です。

 

そしてオリンピックの水泳金メダルリストでもあるマイケル・フェルプスも発達障害を持っています。
彼は、幼少期にADHDの診断を受けています。
彼の母親が、多動性障害にみられる有り余る力を解消するために水泳を始めさせたそうです。

 

日本では、「徹子の部屋」でお馴染みの黒柳徹子さんが発達障害を持っていることで有名です。
彼女はLDの障害を持っており、計算障害・読書障害があります。やはり台本を読んでも覚えられず苦労されたようです。

 

また、最近自信の発達障害を公表して話題になっているのが、菊池桃子さんです。
彼女は、シェーグレン症候群とういうドライアイやドライマウスが主な症状として表れる病気なのです。

 

他にも、翻訳家のニキ・リンコさんは、30代にして初めて自信がアスペルガー症候群であったことが分かったそうです。

 

歴史上の人物でも、あの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが、アスペルガー症候群であったことがわかっていまいます。
また、日本では坂本龍馬がアスペルガー症候群であったことも有名です。

 

このように発達障害でありながら、活躍している人はたくさんいるのです。自らの障害を公表するのは勇気のいることですよね。
勇気を出して、自らの障害を公表して、なおかつ活躍されていることは、発達障害の人の励みにもなることでしょう。

 

また、このような人たちが発達障害であることを知ることで、発達障害に対するイメージも変わってくることでしょう。